東日本大震災の津波で児童74人が犠牲となった大川小。[10/26]


1 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ | 2016/10/28(金) 19:59:57.98 ID:CAP_USER9.net
@YES777777777
2016/10/26 23:36

遺族の方には同情し、賠償金支払いも理解できるが、この裁判後の横断幕は酷い。断罪って、
児童を見捨てて先生達は助かったのならわかるが、教職員10人も亡くなり、
あの状況下で必死で児童を助けようとした先生方の遺族にも失礼。#news23
出典:https://pbs.twimg.com/media/Cvs1OHHVYAA1VFz.jpg

https://twitter.com/yes777777777/status/791287330824781824

38 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/12(水) 07:03:09.82 ID:w5iWHNDd0.net
震災当日の天候
西高東低の冬型気圧配置だったが三陸沖に気圧の谷があり
その影響で曇り。ときどき雪がちらつくような状況。

仙台市 天気/にわか雪 最高気温/6.2℃ 最低気温/-2.5℃

津波が来てからの石巻や女川での記録はない。
機器類が全滅したからである。

ついでながら、津波が来るときには強風を伴うらしい。
https://ir.kochi-u.ac.jp/dspace/bitstream/10126/4923/1/kuroshio5-2chiba.pdf
東日本大震災時の気象-主として仙台平野の場合

海沿いを走っていた軽自動車が津波の直前に強風で横転しそうになり
走行不能になったという情報がある。

当日は夕方から冷え込み、風も強くなった。
「河北新報の記事(3月12日の「社説」)に『仙台は夕方からいったん吹雪状態になって・・』
とあり,これからも地震後の仙台地方の気象は厳しく,津波の被害にあわれて一晩屋外で
耐えた被災者の困苦は想像にも及ばないことであった。」

最高気温はだいたい午後2時頃の気温といわれる。
最高気温6.2度であるから、午後三時頃から四時頃の石巻は5度以下だったろうと
思われる。地震の後は非常に風が強くなった。
津波は強い風を伴い、市民の多くは「さくら吹雪のような雪が降った。」と証言している。
大きな雪が風に舞いながら横に流れて行く様子がさくら吹雪のように見えたらしい。

大川小学校の一行が移動を始めたのは寒さに耐えかねた(だからともかく歩いて体を
温めたかった)というのがあるかもしれない。
教師の一人が山への避難に強硬に反対、「ここでたき火をするべよ」と言って半分に切られた
ドラム缶を持ち出したという話もあるが、校庭に留まるならたき火が必要なほどであった、と
いうことは言えそうである。

39 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/12(水) 08:01:59.14 ID:7f5tVe5k0.net
>>38
で、それが、地裁の学校管理者への過失認定にどのように影響するの?

55 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/17(月) 04:10:25.94 ID:694EHfu30.net
今は携帯というものがあるんだからさ。先生の一人が携帯持って三角地帯あたりに
立って津波が来るのを見張っていればよかったんだよ。

学校のある場所はきわめて低くて(海抜1メートルとか)、たとえ二階に上っても
遠くは見えにくい。校庭からは、それこそ何も見えない。校庭と土手の間には
住宅が建ち並んでおり、視界は遮られていた。仮に住宅が無くても、校庭より
土手の方が数メートル高いのだから、川下の方がどうなってるのかなどは
全然分からない。

三角地帯あたりに立って海の方向を見ていれば、かなり遠くの津波でも望見できる。
即座に携帯で知らせれば、子供達が校庭にいたとしても山に逃げることはできた。
学校裏の体育館の方に居れば、さらに安全だった。

見張りの先生はどうなるか、だって? それは子供達のために犠牲になっていただく
ということで。
というのは冗談で、三角地帯だと大人なら逃げ場所があるんだ。
すぐ裏の高台だ。ユーチューブにそこから撮った映像がある。

57 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/17(月) 08:49:52.42 ID:694EHfu30.net
被災地で IT は役立ったか?

意外なことに、仙台市内では地震直後に携帯電話がなんとか使えていたという証言が多い。

 仙台市役所の職員によれば、地震後 10 分間くらいは携帯メールで家族の安否が確認できていたという
(その後はつながりにくくなった)。

 仙台市北部の住宅地に住んでいた、人材育成事業を営む渡辺一馬さんによれば、 3 月 11 日いっぱいは
仙台市内中心部の一部のほか、避難先である宮城県南部の角田市でも NTT ドコモやイー・モバイルが
利用できていた。

 ソフトバンクの携帯電話も、震災当日から翌朝まではつながったとコンピューターグラフィックスの専門家、
鹿野護さんは証言している。

 いずれの回線も 3 月 11 日当日は、接続状況が悪いながらなんとかつながっていたが、3 月 12 日からは
つながらなくなる。これはおそらく携帯電話の基地局の予備電力が切れてしまったからだろう。

------------------

地震のあと津波が来るまでの間、携帯がつながらなかったという情報は今のところ無いんじゃないか。

津波で送信施設が壊れてしまったところや電力が来なくなったところは駄目で、おそらく海浜地域は
すぐ駄目になったと思うが、仙台の市街地など津波が来なかったところはけっこう使えている。
大川小学校あたりは津波が来るまで問題なく機能してたんじゃないか。

71 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/18(火) 15:54:19.05 ID:FBgRTRCq0.net
>>69
>>67
> 大川小学校事故検証報告書
> 81ページ
> この間、教職員Aは、校外にいる校長や市教育委員会へ何度も電話をかけたが、つなが
> らなかったとしている。
事故検証報告書では、当時の現場では、携帯電話は繋がりにくかったとされている
当時の現場でない話を持ってきて何がいいたいの?
何かの反論になっているの?
不思議

72 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/19(水) 01:02:01.29 ID:IhFAAuRD0.net
>>71
当時の現場っていつの話?
津波が来た時点では携帯は使えたでしょ。

事故後の校長の行動は非常に疑問視されている。この人物の
証言が信用できるのか。現に現場から夫にメールをし、その後津波に呑まれて
死亡してる親もいるのに。このお母さんのこと、テレビでやったじゃないですか。
報告書にあるA教諭の行動はウソばっかりというのも知られた事実。
救助を頼んだ自動車工場へは真っ暗な山の中を車のヘッドライトを頼りに辿り着いたと
いうけれど、経営者夫妻によればA教諭が来たのは昼間だったという。
背広も濡れていませんでしたよ、という。知ってるでしょ、こういうこと。

事故検証報告書そのものが怪しいというのも分かってないのかな?
「石巻市立大川小学校 「事故検証委員会」を検証する」(ポプラ社)
という本もあるぐらいなのに。
なんでそんなに携帯が使えなかったということにしたいのかな?
不思議

73 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/19(水) 04:44:43.02 ID:mqVkwv290.net
>>72
> 当時の現場っていつの話?
2011年3月11日15時から15時37分の大川小でのこと
校長が怪しいこと、A教諭の証言の信用性が問題視されている部分があることは承知している
事故検証報告書に問題があることもだ
だからといって全てが嘘とするのはアホだわ
校長にメールをしていたということは事実だろう
通話が容易であればメールではなく通話で意志疎通を図ったであろう
当時、大川小では通話が困難であったことは事実だとされている
お前はアホな>>55を取り繕うために事実を認めないでいるにすぎない
つまりアホ

74 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/20(木) 05:42:12.16 ID:I/FcWdAy0.net
事故検証委員会の報告書は、徹頭徹尾教育委員会寄り。
校長の事後対応や教育委員会の指示に誤りがなかったとするだけ。
責任を免れしめるための架空事実の設定がかなり見られる。
携帯が使えなかったというのもその一つ。

地震の後、校長は教頭や数人の教員宛に何度も携帯をかけたりメールを
打ったりした。しかし、それらはことごとく通じなかった。
→ 校長は人事を尽くしたが、携帯電話の不通により責務を果たすことが
できなかった。

生き残ったA教師は地震の後、津波が来る前に教育委員会に何度も携帯を
かけメールもした。しかし、それらはことごとく通じなかった。
→ 若手のA教師でさえ連絡しようとしているということは、教頭や学年主任等は
当然携帯をかけ、メールもしていたことを意味する。
しかしそれらは通じなかった。
※ A教諭は教務主任であるが「学年主任」ではない。教師が13人しかいない
学校での教務主任であることに注意。

→ 津波の後、小学校の事故を警察等へ連絡するのが遅かったとの批判が
あるが、教育委員会は携帯の普通により事実の報告を受けていなかった、
多数の教員児童が津波に呑まれたという事実を知らされていなかったと
いうことになる。

とにかく携帯が使えないとしないと、校長や教育委員会の責任問題が出てきて
しまってどうしようもないんだな。
>>73 は何で必死こいて携帯が使えなかったことにしたいんだろう???

だいたい、A教師が教育委員会に直に携帯をかけたりするはずがない。
教育委員会との連絡は教頭等学校幹部のすることだろう。

75 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/20(木) 05:45:46.75 ID:I/FcWdAy0.net
自動車整備工場に逃げ込んだA教師は、大川小学校で起きたことを話さなかった。
A教師がただちに警察等へ連絡すれば、小学校優先の救助活動が迅速になされ、
助かった子供もいたのではないかというのが親たちの思いである。

A教師は津波に呑まれ、衣服は濡れていたことになっている。これは携帯が使えな
かったことにするための嘘ではないか。げんに自動車整備工場経営者夫妻は
A教師の服は濡れていなかったと証言している。
整備工場にはもちろん固定電話もあった。
携帯電話は震災後数時間で徐々に不通になるものが多かったが、その段階に
いたっても固定電話はかなり通じた。工場の電話を借りることも可能だった。
さらに、市教委の当初の県への報告では、A教諭は震災当日は整備工場の車の
中に勝手に入って寝たことになっている。
これは工場にいた人たちと接触していないことにするためではないか。
A教諭は整備工場の社長の自宅に泊めてもらったのである。
あとで誤りを指摘され、市教委は「泣きながらの説明だったのでそのように
聞こえた。」としている。市教委は、整備工場の社長の方へは「社長に迷惑が
かかるといけないと思ってそう報告した。」とわざわざ牽制のための電話を
かけている。

とにかく、報告書は、徹底的に連絡できなかったことにしているんだな。
なんでもかんでも携帯のせい。携帯がつながらなかったことにしないと、
あらゆる虚構の事実が崩れてしまう。
>>73 みたいな人は校長や教育委員会の有力な味方だなw

76 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/20(木) 08:28:07.79 ID:8XS9WfeK0.net
>>74
> 事故検証委員会の報告書は、徹頭徹尾教育委員会寄り。
> 校長の事後対応や教育委員会の指示に誤りがなかったとするだけ。
> 責任を免れしめるための架空事実の設定がかなり見られる。
> 携帯が使えなかったというのもその一つ。
馬鹿はこれだから馬鹿なんだな
事故検証報告書を正確に読め

検証にあたっての基本的な考え方
本検証の目的は、「誰が悪かったのか」という事故の責任追及ではなく、
「なぜ起きたのか」という原因究明と「今後どうしたらよいのか」という再発防止である。

このようや考え方を前提とする調査報告書には限界があるあるいは逃げの姿勢があることは否定できない
法的過失の認定につながることからは逃げているからな
しかし全てを否定するのは馬鹿のすること
地裁判決のポイントとなった広報車呼びかけについても記載されている
これも嘘だというのか?
(時間については教師側有利に持って行こうとしているが)

それに、そもそも今の論点は、事故検証報告書の信頼性ではない
>>55の実行可能性が論点だろうが
つまり、携帯電話の通話が可能であったのかについては>>55の実行可能性という観点から論じなければ意味がない
馬鹿にはコレがわからない?
たまたま一度通じたとしてもそれではダメだろう
だから通話の容易性といっているんだよ

>>75
A教諭の証言を全て信用できないとすると地裁判決の、「現に予見していた」との認定の裏付けが崩れるな
アホは0か100かどちらかでしか考えられないのかw

78 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 06:11:35.01 ID:SK+rzBG60.net
津波の見張りのために堤防に教師を派遣して
津波が来たら携帯で校庭に待機する教師に連絡するなんて
普通に考えたら無理だわな
裏山に登らせて大声で叫ぶほうが現実的だろう

79 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 06:15:24.18 ID:SK+rzBG60.net
ただ、見張りを派遣するぐらい警戒していたなら、こんなことにはならなかっただろうな
そういう意味でも、現実的でないという点からも、>>55の見張りのレスはあまり意味がないな

82 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 08:39:12.92 ID:DVRZxUQk0.net
>>78
>>79
大川小学校では、お前みたいなタイプの阿呆が教員の中にいたんだろうな。

見張りが連絡すると言ったって携帯が通じなかったらどうする?
携帯が通じたとしても確実性や即時性で疑問はないか?
なんてマイナスな突っ込みをして利口ぶる馬鹿は多いから。

見張りが携帯で連絡するといっても、その場で突っ立ってするわけじゃないだろ。
ボタン押したら走り出すに決まってる。津波が見えたら誰だってそうするだろ。
走りながらの通話になるに決まってるわ。
教員が突っ走ったのと携帯での連絡とどっちが早いかなんて分からないぐらいだ。
校庭から三角地帯まで160メートルほど。校庭から体育館裏まで60メートルほど。
革靴だから100メートル20秒として何秒かかるよ?

小学生のうち助かった子供たちは、土手の側まで来て土手の上から黒い波が溢れて
きたのを見てから逃げ始めた。それでも山に辿り着き、数メートルは登っている。
大人の教員が、津波を遠くに見てから突っ走り、体育館の裏にいる子供たちを誘導して
いたら、余裕で逃げられたのではないか。
つまり、安全策としては、見晴らしのよい三角地帯で津波を見張っていることが
中核であって、そこから携帯で連絡するというのは派生的で些末な問題である。
携帯がつながらなければ走ればいいのだ。
ただ、携帯がある以上、津波が見えたらすぐに携帯で連絡、というのは誰もが考えること
だし、実際もそういう指示をするだろう。そこで「つながらなかったらどうする」なんて
考える必要ないのじゃないか。
君はやたらこだわる人だから繰りかえし言おう。
つながらなかったら走るだけだよw

84 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 13:24:25.57 ID:dDBvlgZm0.net
>>83
> ということは、逆にいえば、沿岸部でも津波到達前は通話可能だったということになる。
> 地震だけでは通話不能とはならなかった。ここ重要な。
馬鹿はお気楽でいいなw
こんな逆説が成り立つと考えているとは
アホなりに考えてみれば?

86 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 13:41:52.02 ID:dDBvlgZm0.net
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/pdf/n0010000.pdf

災害時等に通信が集中し通信ネットワークの処理能力をオーバーする輻そう状態が発生した場合、大規模な通信障害に発展することを防止するため、通信事業者は通信規制を行うことがある。

音声は3キャリアともに規制している

87 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 13:48:00.95 ID:dDBvlgZm0.net
それとさ、いくらお前が事故検証報告書は信用できないと叫んだところで、社会的には、お前より事故検証報告書の方が信頼性が高い
お前が事故検証報告書の該当部分について否定するなら根拠を示せといっている
客観的で説得力のある根拠をな
都合の良い証言をつまみ食いしてもダメ
まー、お前には、意味がわかんねーだろうなw

88 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/21(金) 21:45:49.18 ID:SK+rzBG60.net
>>82
当時の大川小の教師が堤防で津波を見張っていたとしてもこれと同じようになったかもな

津波に対する危機感、正確な知識、これらが欠如していたことが最も本質的な原因なんだよ
そしてそれは当時の学校管理者が保持すべきであったものといえる
研修でも津波についての説明はあった
だからこそ地裁判決では過失ありとなった
本質がわかっていないのはお前だよw

89 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 06:21:11.78 ID:tQApyOAy0.net
>>84
お前、自分でも何書いてるか分からないだろw
自分でもう一回読んでみ。これがお前の頭脳の限界なんだよw

>>86
「被災、石巻五十日」という本がある。副題は
「霞ヶ関官僚による現地レポート--国家的非常時における地域行政の課題」。
皆川治という農林水産省の現役キャリア官僚が、義父の葬儀のため妻の実家の
ある石巻に来ていて地震・津波に遭遇した。当時農林水産副大臣秘書官。

津波警報に従って集まっていた親戚とともに義父の遺体を家に置いたまま避難。
その後、家は津波に流され、避難所(法務合同庁舎)に暮らすようになる。
被災後直ちにメールで篠原農林副大臣と副大臣室に連絡、さらに法務合同庁舎の
固定電話で19時30分頃、副大臣室に電話している。
連絡のあと、篠原孝副大臣より折り返し連絡があり、「石巻に残り、復旧・復興に専念
せよ」との命令を受けた。その結果、本人は石巻市復興対策本部の農水省派遣役員
という肩書きを得て、毎日市長室に出入りすることとなる。
そして石巻の出来事を毎日欠かさず篠原副大臣に送り続けた。この報告は、農水省
内部で「皆川レポート」と呼ばれて有名になり、職員が毎日熟読。霞ヶ関での「隠れた
ベストセラー」となった。そして約八ヶ月後、国書刊行会より発行されることになる。
今日、地域行政に携わる公務員や政治家の必携の書とされ、公務員に対する危機管理
研修のテキストとされることも多い。
(前置きが長かった。だが今後もこの本からの引用はするだろうから必要なことだ。)

著者の妻の実家は、海岸から400メートルほどのところにあった。
実家のすぐ前にある日和山という山に喪服のまま登って避難。避難直後の15時09分、
篠原副大臣、副大臣室へ二通のメールを送信している。その後、自分の家族宛に
メールを送信。さらに避難所である法務合同庁舎に移ってから、そこの公衆電話から
副大臣室と山形の自分の実家に電話を入れている。
通話に公衆電話を用い、携帯を使わなかったのは、携帯の充電器がないため、
できるだけ携帯を長く使うためであった。

90 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 06:26:10.10 ID:tQApyOAy0.net
>>87
何て頭が悪いんだw
>都合の良い証言をつまみ食いしてもダメ って、お前が
事故検証報告書の中の校長やA教諭の証言を持ち出したんじゃないか。

お前がわざわざ校長等の証言をピックアップして麗々しく事例として示してきた。
>>71 なんか、これでどうだ、ってな感じだよなw
それに対して俺が、「報告書中の校長やA教諭の行動は市教委の責任をうやむやに
するための操作が加えられているおそれ」を教えてやったんだろうが。馬鹿め。

それと
事故検証報告書は信用しちゃ駄目だよ。
いずれ書くと思うが、事故検証委員会の実態は民間企業だ。
どういうことかというと、石巻市は第三者機関の設置を民間の防災コンサルタント会社に
丸投げした。「株式会社社会安全研究所」という会社で、これが第三者機関設置の
事務局となったのだ。そしてこの会社の所長は検証委員会委員の首藤信夫氏の長女
だった。首藤信夫という人物は津波工学の専門家だが、すでに被害が出てしまって
からの検証に何故こんな人物が必要なのか疑問が提起された。だが、「さまざまな
観点からの検証は必要だと思うんです。」という官房長の意見でうやむやになって
しまった。この首藤という人物が後々問題発言を重ねることになる。

とにかく検証報告書は巧妙に書かれている。市教委の責任問題にならないよう
一文一文周到な配慮がなされている。その点では感心する。まさにプロのワザだ。

検証委員会の報告書なんか有り難がってる奴なんかいないって。
お前はほんと純心無垢だよな。田舎の純朴な中学生か。自衛隊にでも入って頑張れやw

91 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 06:26:48.01 ID:tQApyOAy0.net
>>88
>津波に対する危機感、正確な知識、これらが欠如していたことが最も本質的な原因なんだよ
>そしてそれは当時の学校管理者が保持すべきであったものといえる
>研修でも津波についての説明はあった
>だからこそ地裁判決では過失ありとなった

何を言ってるんだ? 文章が稚屈すぎて意味が分からん。
君はもうちょっと論理的な文章が書けるようならないといけない。

噛みついてくるのは結構だが、もう少しまともなこと書いてくれ。
高校生レベルでいいからさ。小中学校レベルは勘弁してくれよ。

92 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 07:52:40.89 ID:POBe9KQ+0.net
>>89
頭悪いからそう思うんだろ
また、長々とレスしているが、携帯と固定と、携帯の音声とデータ通信との区別ができてないな
それに前にも言ったが、そのような証言では、「石巻市内では地震直後から携帯電話は不通であった」ということを否定することは出来ても、
「大川小あたりでは地震直後から携帯電話で通話することはできなかった」ということを否定することは出来ない
現に、当時の現場にいた教師の証言があるからな
いくらそんな証言は信用できないと言ったところで妄想扱いされて終わり
現場に迎に行った保護者の証言でも持って来いやw
でないと妄想にすぎない
これがアホのお前にはわからんみたいだなw
>>90
そもそもの立証責任についてわかってないようだなw
流石はアホ
事故検証報告書についての問題点は指摘済み
なぜそのようなスタンスかもお前と違って指摘済み
>>91
論理的でない読み手には論理的なこといっても論理的でないとなるわなw

94 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 08:06:30.78 ID:POBe9KQ+0.net
それにな、迎えに行った保護者が大川小で携帯の通話ができたと証言しても、証言内容にもよるが、
当時の大川小あたりで携帯電話の通話は繋がりにくい状態だった事を否定する事にはならない
ま、当時の状況を知り得る今の立場から>>55を提案することはアホって結論は変わらんな

堤防よりも河口近くまで見渡すことができ、河川遡上の津波のみならず陸上遡上の津波の監視も出来、堤防より学校に近く、静かであればお互いに叫べば通じ、声が通らなくても視認はできる裏山でなく、派遣先が堤防の理由は何なの?
アホだからかw
参考動画

97 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 08:50:01.39 ID:Iz4EScUr0.net
>>94
確かに、裏山があるのになぜ裏山ではなくて三角地帯への避難としたのか?とは言う癖に、津波監視で裏山ではなく堤防に行くというのは矛盾しているな。
避難にしても津波監視にしても裏山の方が適しているね。

103 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 12:35:32.76 ID:tQApyOAy0.net
>>92
被災者の証言録などを読むと11日の夜になって携帯は全く使えなくなったというのが
多いね。暗くなるまではそこそこつながってるようだ。地震直後はつながった。
津波が来た時点でも、津波に襲われるまでは大丈夫だ。
三階建ての家が流され、家の三階の屋根に登りながら流され、その状態で奥さんに
メールした人もいる。その後小さい船に乗り移り、さらに流されていた漁船に移って
生還した人。奥さんへのメールは奥さんが携帯なくしたので不通だったそうだけど。

お前は不可知論に持って行きたいんだろうが、ちょっと無理じゃないか。
津波から時間が経った後のことを言ってるんじゃないんだ。
津波が遠くに見えた時点だぜ。
津波襲来直前、現地では繋がりませんでしたという保護者の証言でも持ってこいやw
でないと妄想にすぎない。
お前がつながらない、つながらない、と必死で騒いでるんだからなw

あと、分かりもしないのに「立証責任」とか使っちゃ駄目だよ。
法律用語は難しいんだよ。

>>97
裏山に登るのが最善の避難方法だということは今となっては誰もが知ってる。
今更利口ぶって言わなくてもよろしい。
だが、山は前日の雪のために少なからざる積雪があり、春の雪解けとあいまって
グチャグチャの状態だった。それが避難をためらわせた。
ためらって揉めて50分も子供達を立たせておくくらいなら、山の麓に待機させ、
先生が学校二階よりも見晴らしのいい三角地帯で見張り、というのが実際的で妥当な
方法ではないかと考えたわけだ。
その程度の意見を言ったっていいじゃないか。
裏山避難一択だったせいで、、それをするかしないかで50分近くも揉めたわけだよな。
だから、君みたいな硬直した考えの人がいたら、やっぱり遭難ということに
なっていたと思うよ。泣きながら山に避難することを訴えた教員もいたらしい。

--なんかあとはIDコロコロなんでやめとくわw
文章ぐらい変えろやボケ(藁

104 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 13:30:55.16 ID:POBe9KQ+0.net
>>103
> 被災者の証言録などを読むと11日の夜になって携帯は全く使えなくなったというのが
> 多いね。暗くなるまではそこそこつながってるようだ。地震直後はつながった。
> 津波が来た時点でも、津波に襲われるまでは大丈夫だ。
> 三階建ての家が流され、家の三階の屋根に登りながら流され、その状態で奥さんに
> メールした人もいる。その後小さい船に乗り移り、さらに流されていた漁船に移って
> 生還した人。奥さんへのメールは奥さんが携帯なくしたので不通だったそうだけど。
ふーん、そう
で、「当時の大川小周辺で携帯電話はつながりにくいという事はなかった」という事についての根拠は?
はよ出して

> あと、分かりもしないのに「立証責任」とか使っちゃ駄目だよ。
> 法律用語は難しいんだよ。
お前にとってはそうなんだろうw

> だが、山は前日の雪のために少なからざる積雪があり、春の雪解けとあいまって
> グチャグチャの状態だった。それが避難をためらわせた。
地裁の事実認定は以下の通り
しかしながら,本件地震当時は,平地に積雪はなく,みぞれや雪も積もらない程度に断続的に降るだけの天候だったのであり,
裏山に積雪があったとは証拠上認められないし,裏山の地面も,冬季である本件地震当時,斜面を登るのに支障が生じるような下生えが生い茂っていたとまでは認め難い。
お前が行政よりだとして信用できないとする事故検証報告書ですら、斜面について行政側有利な証言を搭載するも、グチャグチャの状態だったとまでは言っていない
だから、お前は意見の摘まみ食いをしていると言われるんだよ

> 先生が学校二階よりも見晴らしのいい三角地帯で見張り、というのが実際的で妥当な
> 方法ではないかと考えたわけだ。
> その程度の意見を言ったっていいじゃないか。
いいよ
だけどアホな意見だねというのもいいだろ?

> 裏山避難一択だったせいで、、それをするかしないかで50分近くも揉めたわけだよな。
裏山避難一択で最後は三角地帯への避難開始かよ
お前はどこまで馬鹿なんだ
ついに、事実と妄想の区別がつかなくなってきたのか?
バスで大川中に避難することを考えたが大川中と連絡がとれずに断念との話もあったな
校庭待機自体も災害対応の一つだ

106 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 13:47:30.77 ID:tQApyOAy0.net
>>104
ふーん、そう
で、「当時の大川小周辺で携帯電話はつながりにくいという事はあったという事についての根拠は?
はよ出して
お前が必死こいて主張してるんだろ。
立証責任という知りもしない言葉出しちゃってるぐらいだもんな。
逃げられないよな。

裏山に積雪はあったよ。あちこちに。だから積雪の少ない竹林に連れていかれた。
只野君の証言にある。上に書いてあるだろ。
あと「証言記録 東日本大震災記録」NHK出版 というNHK東日本大震災プロジェクトという組織が
編集した証言集には山に逃げたが雪で登りにくかったという証言はかなり出てくるよ。
現在三巻まであり、全部読んだわけではないが、君も拾い読みでいいからしてごらん。
あとね、
>裏山に積雪があったとは証拠上認められないし,
とか馬鹿みたいだから書くな。君は裁判官じゃないんだからねw

>いいよ
>だけどアホな意見だねというのもいいだろ?
駄目だろ。もともと低脳で学問的素養もなく無知無教養な人間が偉そうなことを言ってはいけない。

>バスで大川中に避難することを考えたが大川中と連絡がとれずに断念との話もあったな
大川中にバスで避難なんか考えてないよ。
連絡がとれなかったというのも嘘。連絡がとれようととれまいと避難に問題はない。
行く気があれば行くだけ。こういうところは読み取らなくちゃ駄目だろ。
だから純朴な田舎の中学生なんて言われるんだ。俺にw

107 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 14:00:00.05 ID:POBe9KQ+0.net
>>106
事故検証報告書
石巻市の資料
総務省の資料
だしてるが?

以下の通りと記載し引用であることを示しているが?

押し掛け避難かよw
大川中の状況を確かめようとしたんじゃないのか

108 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 14:09:08.29 ID:tQApyOAy0.net
>>107
>だしてるが?
とか、こういうところが嫌なんだよ
生のままというかね。学問的にソフィスティケートされてないのが。
中学生が思いつきで書いてるような文章。


>押し掛け避難かよw

馬鹿かよ。避難というのは本質的に押しかけだろ。
事前に避難した旨を連絡して、相手から「どうぞおいで下さい」との
返事があったら行くのか?土産でも持ってw

だいたいバスならどこへでも避難できるんだから、大川中に連絡がつかなかったからと
いってバスによる避難をやめる必要はないだろ。
教頭らは、バスで避難する必要なんてないと考えていたのは明白だろうが。
常識ってものが無いのかお前は。

109 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 15:18:06.58 ID:POBe9KQ+0.net
>>108
押し掛けで困るのは大川中だけなのか?
足りない頭でじっくり考えろ

111 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 15:24:46.78 ID:POBe9KQ+0.net
>>108
バスでの大川中のことを取り上げたのは、
>>103
> 裏山避難一択だったせいで、
これへの反論
で、裏山一択だったというお前の主張は正しいのか?
裏山一択ならなぜ三角地帯への避難開始となったのだ?
頭おかしいのはお前だなw

112 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 16:04:34.95 ID:8zuJ+Op90.net
>>108
> >だしてるが?
> とか、こういうところが嫌なんだよ
> 生のままというかね。学問的にソフィスティケートされてないのが。
> 中学生が思いつきで書いてるような文章。
君は2chでおもしろいこと言うね。
中学生の思いつきかなんか知らないけど一方的に論破されてるのは君に見えるで。
>>111にレス出来てないし。

113 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 16:46:21.85 ID:2R1e/qw50.net
>>82
> 見張りが携帯で連絡するといっても、その場で突っ立ってするわけじゃないだろ。
> ボタン押したら走り出すに決まってる。津波が見えたら誰だってそうするだろ。
> 走りながらの通話になるに決まってるわ。
> 教員が突っ走ったのと携帯での連絡とどっちが早いかなんて分からないぐらいだ。
> 校庭から三角地帯まで160メートルほど。校庭から体育館裏まで60メートルほど。
> 革靴だから100メートル20秒として何秒かかるよ?
>
> 小学生のうち助かった子供たちは、土手の側まで来て土手の上から黒い波が溢れて
> きたのを見てから逃げ始めた。それでも山に辿り着き、数メートルは登っている。
> 大人の教員が、津波を遠くに見てから突っ走り、体育館の裏にいる子供たちを誘導して
> いたら、余裕で逃げられたのではないか。
これ結果論だよね。

114 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 16:59:00.97 ID:2R1e/qw50.net
うーん。。
俺も>>55が妥当とは思えないわ。
実際に山へ逃げた生徒がいてその生徒の指導のために山に入った教師がいたのでは?
津波の監視でも山でしょ?
当時の状況で考えてみても結果論からしても堤防で津波監視が妥当とは思えないな。

115 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 20:54:59.38 ID:L1MT58Ww0.net
議論に弱い人ほど常識とか持ち出すよね。
>>108とかその典型だわ。
負け犬の遠吠えなのかな!

116 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 21:20:50.71 ID:tQApyOAy0.net
>>109
じゃ君は予め避難を通知して承諾もらってから避難するようにしなさいw

>>111
三角地帯への避難なんて避難じゃないだろ。
裏山一択で来て50分も動きがとれず、やっぱり避難の形だけでも
とっておかないとまずいか、と移動を開始。
その時にはもう側溝から水が噴き出していた。

>>112
論破とか2ちゃん言葉だけは覚えてるんだな。
それよりちゃんと勉強して学術用語とか覚えた方がいいと思うよ。

>>113
馬鹿だね。これを結果論と言ったら過去の話はすべて結果論になって
しまうじゃないかw 
結果論という言葉の意味を知らないのを晒しちゃったね。哀れだなw

>>114
駄目だ、こりゃ
変なキャラ出してないで、携帯がつながらなかったという事例でも
捜してきたらどう?w

>>115
常識持ち出さず論理を戦わせてみたいかい?
それなら君のこだわってる「過失」な。
過失の成立要件をあげ、本件の事実から要件事実となるものを
抽出してあてはめをしてごらん。
>>76みたいな惨めな論述してないで。少しはまともなこと書いてごらんよ。

117 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 22:56:48.49 ID:POBe9KQ+0.net
>>116
とうとう壊れちゃったか?
意味が通じない
まず、本件て何?どれのこと?

118 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/22(土) 23:31:06.85 ID:SOXNmznh0.net
俺もわからないな。
本件て何なんだろうね?
言ってみたかっただけ?

119 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/23(日) 05:32:49.23 ID:R2kucVpk0.net
>>117
オトボケオトボケwwwww
「本件て何?」はないだろ。おかしくて草生やすしかないわw

お前の大好きな「過失」だよ
お前が>>39以降無意味にこだわってる過失。
文章があまりに幼稚で、誰も法律論なんか戦わす気持ちにならないから
揶揄されてほったらかしになってるお前の過失論だよ
お前がこだわって無意味に書き続けてきた大川小学校管理者の過失論だよw

>>76 ではこのように書いている。
>このようや考え方を前提とする調査報告書には限界があるあるいは逃げの姿勢があることは否定できない
>法的過失の認定につながることからは逃げているからな
>しかし全てを否定するのは馬鹿のすること
>地裁判決のポイントとなった広報車呼びかけについても記載されている
>これも嘘だというのか?

「法的過失」と書いてあるじゃないか。
過失にわざわざ「法的」なんてつけちゃって中学生丸出しだが(笑
予見可能性認定のための重要な事実である広報車の呼びかけにも触れてるじゃんw

>>88 では、お前はちゃんと「地裁判決」と書いている。
地裁判決と書いて内容に触れてるのに、「本件」が何か分からないなんて話
ないだろ。お前がとりあげた「地裁判決」の下されたこの事件だよ。馬鹿が

そんなに議論したいなら相手してやるから書いてみろ
ただし、ちゃんと法律的に書けよ。法律論持ち出してるのはお前だからな
あと>>118 のお友達不要だからw

120 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/23(日) 07:02:12.22 ID:7JEl0aKr0.net
>>119
なんだ

大川小学校管理者の安全配慮義務違反について
予見義務について
経験したことのない巨大地震の発生
三陸地域であったこと
大津波警報発令
これらにプラスして広報車の「津波は松林をこえてきた。高台へ逃げろ!」との呼びかけ
この段階で、つまり遅くとも1530までには、津波が学校へ到来する危険性についての具体的予見可能性があった
同時間帯の生存教諭の教頭への「津波が来ますよ。どうしますか。危なくても山に逃げますか。」との問いかけからも、現に予見していたと認められる
大川小はハザード想定では浸水区域外であったから、大川小への津波到来は、想定を越える規模の津波であることを意味する事になる
結果回避義務について
津波に対する回避措置としては、より早くより高くが基本である
津波が到来する具体的予見可能性がある状況であるならば、もはや当該地域は津波に係わる観点からは沿岸地域といえ、大津波警報6mあるいは大津波警報10m以上においては、6mあるいは10mの規模を維持して当該地域へ到来する事を想定することが求められる
大川小周辺の地理的条件からしても、災害対応の基本であるプロアクティブの原則からしてもそのように考えることが妥当である
また、ハザードマップでは、三角地帯あたりは津波の河川遡上の範囲内であった
以上より、三角地帯への避難は回避措置としては不適切である
一方、三角地帯よりも学校から近くて、より高い避難が可能となる裏山があった
山崩れの危険性については未だに抽象的予見可能性にすぎない
差し迫った現実の危険である津波からの回避を優先すべきである
上述した教諭の教頭への問いかけからも、当時の教師達において、山への避難を検討実行すべきと考えることは可能であったことがわかる
そして山への避難としていれば損害を回避することが出来た
以上より、大川小学校管理者には、過失が認められる

で、>>111からは逃げるのな
>>116
> 三角地帯への避難なんて避難じゃないだろ。
相変わらず都合の良い独善的な解釈だね
お前も三角地帯への「避難」と書いてるしな

「法的過失」、おかしくないがな

121 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/23(日) 07:14:44.52 ID:7JEl0aKr0.net
>>116
> >>113
> 馬鹿だね。これを結果論と言ったら過去の話はすべて結果論になって
> しまうじゃないかw
一目散に逃げてたまたま助かったという結果をもって>>55のアホな堤防での監視案でも、十分に逃げる時間はあるといっていることになる
つまりまさに結果論
 
> 結果論という言葉の意味を知らないのを晒しちゃったね。哀れだなw
可哀想に、自分のこといってるのわからないんだw

155 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/04/23(日) 19:46:48.49 ID:H0nC3pcC0.net
>>57
>  仙台市役所の職員によれば、地震後 10 分間くらいは携帯メールで家族の安否が確認できていたという
> (その後はつながりにくくなった)。
>
> ------------------
>
> 地震のあと津波が来るまでの間、携帯がつながらなかったという情報は今のところ無いんじゃないか。
>
この人自分で書いたことも理解できないのかな?
仙台市って津波到達は地震後10分以上はあったけど?
この人は何言いたかったのだろう?

244 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/03(水) 22:29:18.77 ID:5CVTo3Ck0.net
あ、そうだ
「法的過失」について、バカの勝手な主張はどうでもいいが、見ている人が誤解するといけないので貼っとくわ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1373680
元広島高等裁判所長官の弁護士、元福岡高等検察庁検事長の弁護士、KPMGの公認会計士が委員を務める第三者委員会の報告書で「法的過失」と使われているんだよね
揚げ足取りにすぎず自分勝手な決めつけに基づくレスなのかが明白だね

246 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/04(木) 06:12:55.97 ID:ITP+fOrc0.net
>>244
法的過失がそんなに恥ずかしいか。
必死こいて検索してる姿が目に浮かぶよ。可愛いよなw

この調査報告書の書き方だと、文脈上「法的」過失と書いて当たり前なんだわ。
残念ながらお前の「法的過失」とは違うよ。
お前のは勿体つけようとして法的をくっつけたもの。馬鹿の証し。恥さらしそのもの。

意味が分からなければ詳しく説明してやるがね。
書いても理解できるのかな、法的過失君が

法的過失君、どうする?

286 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/07(日) 09:43:00.15 ID:LKHh29Ey0.net
>>246
> 意味が分からなければ詳しく説明してやるがね。
横からだがわからん。
説明よろ。
事故検証報告書の問題点の議論で「法的過失」が不適切となり
>>244の第三者委員会の「法的過失」が問題ないとなる理由がわからない。

この人は地震後から津波到来までは携帯電話使えていたといっているけど
事故検証報告書には教師らの証言以外にも電話が使えなかった証言あるね。

地震発生後、河北消防団では、団長、副団長などの幹部が河北総合支所に参集した(ただ
し、一部の幹部は交通事情などにより参集できなかった)。当時、消防団には無線が配備さ
れておらず、携帯電話・固定電話ともに通じない状態だったため、地元にいる消防団員と
の通信手段はなく、被害状況などの情報は入ってこなかった。

河北新報の記事にも
◎2時57分~3時29分・児童の父親三條さん、校庭の妻から伝言/とんでもないことになっている
携帯電話のボタンを何度押してもつながらない。北上川下流の石巻市長面に住む三條真一さん(44)は
車で自宅方面に向かいながら、妻早苗さん(48)と高校1年の長男友輔君、大川小3年の次男皓聖(こうせい)君の無事を確かめたくて、やきもきしていた。
 「道路はほとんど地割れしているので気をつけてください」。午後2時57分、友輔君が携帯電話のメールで大川小付近の道路の状況を伝えてくれた。
早苗さんの車で皓聖君のいる学校を目指していたとみられる。
 「大変だ。とんでもないことになっている」。午後3時11分、早苗さんは災害用伝言サービスにメッセージを残していた。
三條さんは「やっとしゃべっているような、震えた声だった。
大川小に到着し、校庭の混乱ぶりを伝えようとしたのではないか」と推し量る。

俺は東北住みだが地震後は津波がくる前から携帯はつながらなかったけどな。

287 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/07(日) 16:42:58.91 ID:1nZL/UDR0.net
>>286
>事故検証報告書の問題点の議論で「法的過失」が不適切となり
>>244の第三者委員会の「法的過失」が問題ないとなる理由がわからない。

普通の知能持ってる人ならわかると思うけどな。やれやれ
東北在住らしいけど、こんなことも理解できないようで大丈夫なのかい?復興できるの?w

この調査報告書は、HOYA社が分配可能利益を超えて自己株式を取得してしまった
事案に関するものであり、主として取締役の経営責任が対象とされている。

取締役は会社に対して善良な管理者の注意義務を負うから、経営判断に誤りがあり、
会社に損害が生じると、会社に対して損害賠償義務を負うことになる。
では、善管注意義務違反の有無はどのように判断されるか。
まず前提として、取締役の行為が明文に違反するような場合を除き、一般に取締役の
行為について適法違法の問題は生じない。何故なら、経営判断は取締役の裁量に
委ねられた事項であり、当不当の問題とはなっても違法適法の問題は生じ得ないのが
原則であるからだ。

図示すると

              ---委任の範囲内 適法違法の問題生ぜ
取締役の経営判断-|
              ---範囲逸脱 適法違法の問題となりうる --
                                    --実質的な違法性ありや否や

本調査報告書は、自己株式取得に関する規制という明文に反する事態であるから
法律違反ありや否やという観点から検討を加えたもので、結論的には
担当取締役に善管注意義務違反はない、としている。
法律構成としては信頼の原則を用いて担当取締役の注意義務を軽減し、過失を否定
するという方法をとっている。
この報告書は(会社法における)信頼の原則をこのように定義している。
「下部組織等が適正に職務を遂行していることを前提とし、そこから挙がってくる報告に明らかに
不備、不足があり、これに依拠することに躊躇を覚えるというような特段の事情のない限り、
その報告等を基に調査、確認すれば、その注意義務を尽くしたものというべきである。」。
早い話、下部の経理担当者の責任にして取締役の責任を免れさせたということだ。

379 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/10(水) 19:45:41.71 ID:auvARRXx0.net
>>287
> 本調査報告書は、自己株式取得に関する規制という明文に反する事態であるから
> 法律違反ありや否やという観点から検討を加えたもので、
なんだこの意味不明な文章は?
明文に反する事態=法律違反だろうが!
でもって取締役の責任が問題となる
任務懈怠ということであれば取締役の会社に対する支払い義務が生じることとなる
そこで取締役の任務懈怠があったかなかったかを報告書は検討
こういう構造だろ?
明文規定違反を法律違反か検討ってw
アホ過ぎ

385 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 02:21:23.02 ID:l5s+uHgO0.net
>>379
横だけどおまえの文盲も凄いなw
財源規制違反はそもそも話の前提で、
取締役執行役の賠償責任、注意義務違反があるかどうか検討してるんだろ、
法律違反の検討はそっちにかかってる事も理解できないなんてマジで池沼レベルの読解力w

395 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 03:15:38.79 ID:liXFLfaZ0.net
>>385
> 横だけどおまえの文盲も凄いなw
> 財源規制違反はそもそも話の前提で、
> 取締役執行役の賠償責任、注意義務違反があるかどうか検討してるんだろ、
> 法律違反の検討はそっちにかかってる事も理解できないなんてマジで池沼レベルの読解力w
そのような意味にしたいならば>>379のように書くべきとなる

396 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 05:46:35.94 ID:Iz0MJacu0.net
>>395
それじゃ聞くけど、お前の>>379 の文章な。
法律違反法律違反と書いてあるけど、その法律って何?

このあたりは結構多岐にわたるのでちゃんと挙げてみてくれるか。
この報告書の事案に即して、正確にな

402 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 07:16:23.89 ID:liXFLfaZ0.net
ほら、早く書いてあげなよw
嬉しそうに長々と>>287書いてるのにw
論点ズレ君は教えたがり君でもあるからすぐに教えてくれるんじゃないの?

> 法律違反というからにはしっかり条文を明示すること
だってよw

ではヨロシコ

404 法的過失君へ@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 07:54:42.94 ID:Iz0MJacu0.net
>>402
すごいなお前。
一晩中寝ないで書いてるのか、、、、、
ついに発狂してしまったわけだ。

俺はお前が分かりもしない報告書なんて持ってきたらか心配してたんだ。
意味なんか分からないんだろ?
自分の能力超えることするからおかしくなる。

「会社法の自己株式取得における財源規制」というのは普通の頭があれば難しくはないんだ。
ググるだけでも主要なものは挙げられる。
逃げをうってるより書いてしまった方がはるかに楽なんだがな。

お前は >>379

>明文に反する事態=法律違反だろうが!

とはっきり書いてしまっているだろ。
明文に反する事態がただちに法律違反になるような条文って何なんだ?
誰もがそう思うはずだ。だってそんな条文珍しいから。
だからその明文とは何ですか、と問われたら答えなくちゃならないはずだろ。

お前には理解できないだろうが、自己株式取得に関する規制という明文に反する事態で
あっても違法でない場合はいくらでもあるんだよ。会社法の本を読んでご覧。例外と
すべき場合がいくつも検討してあるよ。
だいたい刑法だって明文の規定に反するが違法でないという場合はいくらもある。
可罰的違法性の理論をとらなくたって、違法性の本質から違法性が阻却される場合は
いくらもあり、その部分が刑法学の主要な対象とされているぐらいだ。

だからお前は条文をあげろ。そろそろ興奮も鎮まっただろ。はいどうぞ

409 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 08:45:36.03 ID:UupIyO9p0.net
法律違反の状態
しかし無過失責任ではなく過失責任
挙証責任の転換
任務懈怠がないことを証明すれば、金銭支払義務(法的な責任)が免除される

自己株式取得における財源規制違反についての説明
当然に報告書もこの説明の通り
法的な責任が無ければ法律違反ではないと考える馬鹿w

415 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/11(木) 22:12:40.40 ID:WoxbOQkW0.net
>>404
> お前には理解できないだろうが、自己株式取得に関する規制という明文に反する事態で
> あっても違法でない場合はいくらでもあるんだよ。会社法の本を読んでご覧。例外と
> すべき場合がいくつも検討してあるよ。
ソースは?

418 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/12(金) 06:18:56.30 ID:jMx0Dw810.net
あとね

法的過失君らしいと思うが
>財源規制に反した自己株式取得、つまり、当該事案について
という文章はおかしい。
「つまり」で「財源規制に反した自己株式取得」「当該事案」をつないで
いるのがおかしいんだな。
学問的トレーニングを積んだことのない人の文章にありがあちな過り

421 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/12(金) 07:04:09.25 ID:A3oU7JDl0.net
>>418
HOYA社の報告書は、報告書が取り上げた、財源規制に反した自己株式取得の事案について、
結局のところ、違法だとしているのでしょうか?
違法ではないとしているのでしょうか?
どちらだとお考えでしょうか?
貴方のご意見ご見解についてのレスをお願いします

422 法的権利君へ@\(^o^)/ | 2017/05/13(土) 05:43:10.85 ID:++pwHMym0.net
>>421
お前さー、違法だとか何とか言ってるけど
会社法における資本の制度が本当に分かってるのかな?
資本充実の原則とか維持の原則とか知ってる?
そういうところからちゃんと押さえてるのかな

君に質問しよう。
財源規制に反した自己株式取得の効果は?

これが分からないようなら違法云々を議論してもはじまらないんだよ。
君はその点が分かっていないような気がする。
だから421みたいな質問をするんだな。
はっきり言って、君は >>379
>明文に反する事態=法律違反だろうが!
と書いてしまった時点で終わってるんだよね。

効果が分からないと違法かどうか論じる意味がない。
だから君に知識があるかどうか知りたい。
さ、書いてくれ。財源規制に反した自己株式取得の効果

423 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/13(土) 06:59:38.64 ID:+kZHuFQP0.net
>>422
> 君に質問しよう。
> 財源規制に反した自己株式取得の効果は?
質問に答えるために、質問の意味を正確に知る必要があります

> これが分からないようなら違法云々を議論してもはじまらないんだよ。
> はっきり言って、君は >>379
> >明文に反する事態=法律違反だろうが!
> と書いてしまった時点で終わってるんだよね。
君も書いているとおり、私の考えでは、
> 財源規制に反した自己株式取得の効果は?
= 財源規制に反した自己株式取得、すなわち、法律に反した自己株式の取得=法律違反の自己株式の取得、この場合の効果は?
という質問になりますが、貴方は違うと主張されています。

財源規制に反した自己株式の取得→法律の規制に反した行為→法律違反
この考え方は誤りということですか?

426 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/13(土) 15:03:16.22 ID:++pwHMym0.net
>>425

うわー 書いちゃったね

ほんとにこれでいいの?

>本調査報告書は、自己株式取得の財源規制という明文に反する行為であるから、
>つまり、会社法461条に反する行為であるから、462条1項の取締役の会社に対する金銭の支払い義務が問題となって、
>462条2項により、その職務を行うについて注意を怠らなかったことを証明したときは、462条1項の義務を負わないから、
>「その職務を行うについて注意を怠らなかったこと」について検討したものであって、結論は、注意義務違反なしとしている
>決して、「法律違反ありや否やという観点から検討を加えたもの」ではない
>というのが報告書についての私の解釈

お前は「元広島高等裁判所長官の弁護士、元福岡高等検察庁検事長の弁護士、
KPMGの公認会計士が委員を務める第三者委員会の報告書」などと勿体つけて紹介したくせに、
その中身さえまともに読んでないんじゃないかw

462条2項は1項の責任は無過失責任ではなく過失責任の原則の適用があることを明かにしたものに
すぎない。462条2項の責任は本来の責任の範囲を拡張したものだ。
この条文より前に書くべき原則的な責任があるだろ。
なんでそれが抜けてるんだ?
ほんとに馬鹿すぎるんだよ。
取締役と会社との法的関係を押さえ、そこから取締役の注意義務というものを把握しないで
>>303 みたいなこと書いてるからこういうことになる。

結局お前さんは取締役の責任なんか何も分かっちゃいないんだ。
こういう恥をさらすことになるから無理して法律の議論なんかに頭を突っこまない方がいいんだな。


呆れたよ
ここ読んでる法律の既習者も全部ひっくり返ってると思うよ
ドリフかよw

427 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/13(土) 19:41:07.35 ID:+kZHuFQP0.net
>>426
> うわー 書いちゃったね
> ほんとにこれでいいの?
勿論これで良い

> 462条2項は1項の責任は無過失責任ではなく過失責任の原則の適用があることを明かにしたものに
> すぎない。462条2項の責任は本来の責任の範囲を拡張したものだ。
462条2項は、原則の適用があると言いながら、本来の責任の範囲を拡張したもの?
なら、原則の責任、本来の責任とはなんなのだ?
挙証責任の転換については>>409ですでに指摘している

>>415>>421>>423>>427についてのレスをお待ちしております

462 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/18(木) 08:43:06.31 ID:vbcjKtjr0.net
いまだにわかっていないようですね

①取締役は売買契約を締結→
②巨額取引で会社に巨額の損失→
③会社法355条の問題
この場合は売買契約という取引をすること自体は取締役の権限の範囲内
取引行為自体が問題ではなく行為を決定する過程において
リスクを適切に検証するなどの取締役としての注意義務を果たしていたかが問題になるわけ
貴方が好きな、当不当の問題
原則OKで355条違反が認められればNG

①財源規制に反する自己株式の取得→
②行為自体が法に反するもの→
③462条1項の取締役の会社に対する金銭の支払い義務が問題となる→
④その職務を行うについて注意を怠らなかったことを証明したときは、462条2項により462条1項の義務を負わない
行為自体が法に反するもので許されない行為なわけ
当不当の問題ではないの
原則NGで462条2項の適用があれば支払い義務は免責

上の二つの違いが分かっていないようですね
当不当ではないのに無理やり当不当の問題として考えるから
> 法律違反ありや否やという観点から検討を加えたもので、結論的には
> 担当取締役に善管注意義務違反はない、としている。
なんていう表現になったのでしょう
善管注意義務違反の検討を指して「法律違反ありや否やという観点」と表現したのでしょうが
それこそ、>>454の大学の講義に従えば、不適切な表現となるでしょう

当不当の当てはめ、法律違反との文言の使い方、二重の間違いを犯していますね

自己株式取得の財源規制に反する行為は、取締役の権限は本来的には包括的なものといったところで、
明文規定で権限が制限されているわけだから、法に反する行為となることにはかわりなく、取締役に権限はないということです
当不当の問題など関係のない話なのです
不当に決まっていますからね(不当=法に反する行為で不適当という意味)
それを検討したものってw

469 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/20(土) 09:38:49.52 ID:cL1fDXts0.net
>>468
同じ事繰り返してますよ?
しかもすでに説明済みのことばかり

>>415>>421>>427に対するレスはまだですか?
>>415に対するレスなんて直ぐに出来そうですが?

470 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/20(土) 22:47:53.40 ID:zLHq/Ny40.net
>>469
お前が繰りかえさせるんだろ。
>355条は善管注意義務規定だろうが
というのは何なんだ。同じこと何回書いてるんだボケが

>>462
>①取締役は売買契約を締結→
>②巨額取引で会社に巨額の損失→
>③会社法355条の問題
>この場合は売買契約という取引をすること自体は取締役の権限の範囲内
>取引行為自体が問題ではなく行為を決定する過程において
>リスクを適切に検証するなどの取締役としての注意義務を果たしていたかが問題になるわけ

なんで「会社法355条の問題」なんだ?
ここは誰でも会社法423条1項の問題にすると思うけどなー。
会社法355条の問題にするのは君だけだと思うよw 変わってるよな
同条に言う任務懈怠の解釈として法令や定款への違反のみならず、善管注意義務や忠実義務への違反も
入ってくるんじゃないの。この事例だと善管注意義務違反。
自己取引でなく普通の取引であれば忠実義務の355条は出てくる余地はないよ。

355条が好きみたいだね
発達障害ってのは特定の条文に固着したりするのか?

471 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/20(土) 22:50:13.73 ID:cL1fDXts0.net
>>470
>>415>>421>>427に対するレスはまだですか?
>>415に対するレスなんて直ぐに出来そうですが?

472 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/21(日) 08:44:05.84 ID:mzciCl3r0.net
>>471
お前、同じパターンの書きこみ(いや実質コピペ)しか出来なくなってるじゃないかw
もう内容的に張り合うのは諦めたんか?

俺は<<455 でお前の糞質問に答え

>これでいいかな。法的過失君
>では交代でいこうや。
>このHOYA社の事案でどうやって法律違反の状態を解消するんだ?

と改めて質問しておいた。
今度はお前が回答する番なんだよ。逃げ回ってないで答えろ

このHOYA社の事案でどうやって法律違反の状態を解消するんだ?

473 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/21(日) 08:55:22.83 ID:6308DcV+0.net
>>472
まともな回答になってないからな
>>415なんて随分と前のレスだ
しかも答えるのは簡単なはず
とっとと答えろや

474 名無しさん@13周年@\(^o^)/ | 2017/05/21(日) 09:13:31.56 ID:mzciCl3r0.net
>>473
ほんとに池沼だなお前
>>415 なんて質問すること事態が恥ずかしいことだぞ
お前の無知を晒すだけじゃん
基本的なことだから教科書読んで見ろと言ったんだよ。教科書に書いてあるから。
ちなみにお前、教科書何使ってんの?w

違法でない場合の一例としては
まさに会社法461条違反の自己株式の取得があるだろ。
金銭等の交付を受けた者・業務執行者等金銭等の交付を受けた者の填補義務。
これについて総株主の同意による免除が認められた場合。
株主の同意があれば遡及的に権限が付与され、その限りで自己株式の取得は有効。
ほかに絶対効や相対効の議論については教科書や参考書読みな。

では俺の質問に対する回答どうぞ
ニュース速報+